×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

朝日杯フューチュリティステークス

朝日杯フューチュリティステークスで毎回的中実績をだしている。負けることは絶対にない。1年に一回だけ!レース開催日にのみ配信される伝説的なメルマガ
朝日杯フューチュリティステークス関係者情報無料

1年に1回だけ無料メールマガジン発行。朝日杯フューチュリティステークスだけの為に、朝日杯フューチュリティステークスをトコトン研究している朝日杯フューチュリティステークススペシャリスト達による情報です。

2歳牡馬チャンピオン決定戦

朝日杯フューチュリティステークスとは

ここへ画像の説明を記入して下さい 注目!2歳牡馬のチャンピオン決定戦
 関東地区における3歳馬(旧表記)のチャンピオン決定戦として、1949年に「朝日杯3歳ステークス」が創設。初期は中山競馬場・芝1100mで行われていたが、62年以降は現行の芝1600mに定着した。71年には混合競走に指定され、外国産馬に門戸が開放された。  84年のグレード制導入ではG1に格付け。91年に阪神3歳Sが牝馬限定のG1になったのを機に、2歳牡馬のチャンピオン決定戦(牝馬も出走可、せん馬は04年より不可)として位置づけられるようになった。その後、馬齢表示の国際基準への変更に伴い、01年に競走名が現在の「朝日杯フューチュリティステークス」に改称。10年には国際競走に指定され、外国馬は8頭まで出走可能となった。

注目!94年以降はクラシックと直結せず
 G1となった84年から93年までの10年間で同レース優勝馬が翌年の日本ダービーを制覇すること5回。91年のミホノブルボン、93年のナリタブライアンなど2歳の頂点に立った馬が翌年のクラシックを勝利するケースが多かった。  しかし、94年以降は同レースを勝った馬が一頭もクラシックを制していない。同年優勝のフジキセキはサンデーサイレンス(以下、SS)の初年度産駒。期待されたクラシック目前で4戦4勝のまま引退してしまう。同馬の他にSS産駒の優勝は95年のバブルガムフェロー、00年のメジロベイリーがいるが、ともにクラシックは未出走。初年度産駒からクラシックを席巻する存在となったSS産駒。同産駒の有力馬がデビューから中距離路線を進むようになったことも、朝日杯FSがクラシックに直結しなくなった理由として考えられる。

注目!将来が楽しみな素質馬が誕生
 サンデーサイレンスが亡くなったのが02年。SS産駒の同レースへの参戦は05年が最後となった。しかし、それ以降も同レース優勝馬はクラシックを勝っていない。フサイチリシャール、ドリームジャーニー、セイウンワンダー、ローズキングダムとクラシックで有力視されながらも善戦にとどまっている。  だが、将来が楽しみな素質馬が誕生するレースであることは間違いない。ドリームジャーニーは古馬になり、グランプリを連覇。ローズキングダムは繰り上がりながら、ジャパンCを優勝。グランプリボスはクラシックには進まず、NHKマイルCを制覇。今年の安田記念、マイルCSでも2着と好走している。

1年に1度の特別配信

メルマガ登録
 メールアドレス
 年齢
 レース名
レース名は変更しないで下さい。
powered by 特別メール配信

朝日杯FSを丸裸にしてみよう!

赤1)上位人気馬が強い
 過去10年の人気別成績は、1番人気馬が【2.2.4.2】。2勝どまりだが、3着が4回で複勝率は8割。2番人気馬は【4.1.1.4】で、08年のセイウンワンダーら最多の4勝をあげている。以下、3番人気馬は【1.1.0.8】で振るわないものの、4番人気馬は【1.2.1.6】、5番人気馬は【1.2.2.5】。特に5番人気馬は、10年優勝のグランプリボスら3着以内に5頭好走している。   これら5番人気馬までで【9.8.8.25】。好走馬の8割以上がこの範囲におさまっている。その他の優勝は02年8番人気で勝ったエイシンチャンプのみ。また、3着以内馬は10番人気馬までで、11番人気以降はのべ56頭走って1頭も3着以内に入っていない。

赤2)中心はキャリア2戦〜4戦
 キャリア別成績では、キャリア2戦の馬が【3.2.1.14】、3戦の馬が【3.2.4.38】が最多タイの3勝で並ぶ。なかでも、2戦の馬の連対率25%、複勝率30%は全体でトップ。近3年は昨年優勝のアルフレードら3頭が連対している。2戦の馬に次ぐ複勝率21.6%なのが、キャリア4戦の馬で【2.4.2.29】。昨年2着のマイネルロブスト(4番人気)はこの組だった。あとはキャリア6戦の馬(03年コスモサンビーム)と8戦の馬(02年エイシンチャンプ)が1勝ずつをあげている。

赤3)前走1800m組が好成績
 出走頭数10頭以上を対象とした前走距離別成績では、1800m組が【4.3.3.28】で最多の4勝をあげ、勝率・連対率・複勝率(26.3%)ともにトップ。この組の好走馬10頭はいずれも5番人気以内だった。複勝率2位(22.9%)は前走1600m組で【2.2.4.27】。昨年優勝のアルフレードは前走新潟のきんもくせい特別。  出走頭数が一番多かった前走1400m組は【3.5.3.50】で複勝率18.0%。ただし、近5年は毎年1頭は好走馬が出ている。不振なのが前走1200m組。17頭が出走するも、好走はゼロ。

赤4)東スポ杯組は4着以内が条件
 前走レース別成績では、東京スポーツ杯2歳S組(以下、東スポ杯組)が【4.1.2.15】、京王杯2歳S組(以下、京王杯組)が【3.4.2.24】で中心。好走例は京王杯組が多いが、出走数が少ない分、東スポ杯組が勝率・連対率・複勝率で上回る。  東スポ杯組の前走着順別成績は、1着馬が【2.0.0.1】。09年のローズキングダムら2頭が本番でも優勝している。この組の好走馬7頭のうち6頭は前走4着以内。例外は昨年2着のマイネルロブスト(前走9着)。この時の東京スポーツ杯は不良馬場だった。京王杯組は前走1着馬が【2.1.1.5】、前走2着馬が【0.2.1.3】。好走馬9頭中7頭が前走で連対を果たしていた。  前走500万条件の馬は【1.1.2.41】。複勝率は8.9%と低いが、近3年は10年3着のリベルタスなど1頭ずつ好走している。これら3頭はいずれも本番で5番人気以内に支持されていた。

【過去結果】朝日杯フューチュリティステークス

【第64回】2012年12月16日(日) 5回中山6日

2012年第64回阪神ジュベナイルフィリーズ的中無料情報  レース動画を見る

着順 14 ロゴタイプ 5 コディーノ 3 ゴットフリート
的中馬券 3連単 54,880円 146番人気

大本命との叩き合いに勝ったロゴタイプがGI 初制覇  朝日杯フューチュリティS(GI)で単勝オッズ1.3倍の断然人気に支持されたのはコディーノ。ベテラン・横山典弘騎手を背にデビューから3連勝中、前走・東京スポーツ杯2歳Sでは2歳JRAレコードを叩き出している素質馬だ。同じく3連勝中の京王杯2歳S勝ち馬エーシントップにはリーディング争いの首位を行く浜中俊騎手が跨り、2戦2勝のゴットフリートにはC.スミヨン騎手、京王杯2歳S2着のラブリーデイの鞍上はC.ルメール騎手、そして、いちょうSで競り合いを制したフラムドグロワールを駆るのはC.ウィリアムズ騎手。コディーノ包囲網を築いたのも、名手と強豪のタッグチームだった。  ならばこのコンビも忘れてはならなかったはず。ロゴタイプと、その手綱を握ったM.デムーロ騎手である。  ここまで5戦2勝、札幌2歳Sではコディーノに突き放されていることもあって、今回は7番人気に過ぎなかったロゴタイプ。だが、ひと息入れられた後の前走・ベゴニア賞はレコード勝ち、父は読売マイラーズCをレコードで制したことのあるローエングリン。ロゴタイプにとってマイルのスピード勝負は望むところであり、またデムーロ騎手は調子の良さも感じ取っていたという。  そのロゴタイプ、好スタートから2〜3番手へ。「行きたがる馬も抑えたい馬もいて難しいレースだったが、いい位置を取れた」とデムーロ騎手が語る通り、1000m通過57秒3というハイペースの中、ポジションの上げ下げが激しくなった先行集団で流れに乗り、懸命に力をため込む。  直線。一気に抜け出したのはロゴタイプだ。直後からコディーノが並びかけ、残り150mは完全に2頭のマッチレース。結局、ロゴタイプがリードを守り切ってクビ差先んじてのゴールを果たしたのだった。  勝ちタイムは2歳コースレコードタイの1分33秒4。自慢のスピード能力を最大限に引き出してつかみ取った、2歳王者の栄冠である。

【【第63回】2011年 12月18日(日) 5回中山6日

2011年第63回阪神ジュベナイルフィリーズ的中無料情報  レース動画を見る

着順 3 アルフレード 4 マイネルロブスト 12 レオアクティブ
的中馬券 3連単 8,540円 67番人気

アルフレードが無傷の3連勝で2歳王者の座に就く  好天と良馬場に恵まれた中山競馬場、この日のメインレースは2歳王者決定戦・朝日杯フューチュリティS(GI)。デイリー杯2歳Sで上位を争ったクラレントとダローネガ、札幌2歳Sで際どい勝負を演じたマイネルロブスト、京王杯2歳Sの1、2着馬であるレオアクティブとサドンストームなど、実績にまさる面々を抑えて1番人気に推されたのはアルフレードだった。  キャリア2戦、これが重賞初挑戦。とはいえアルフレードも素質あふれる1頭だ。今回と同じ中山芝1600mで迎えたデビュー戦を力強く差し切り、新潟の芝1600mで行われた500万下・きんもくせい特別を上がり3ハロン32秒5(推定)という爆発的な末脚で制していた。父シンボリクリスエス、近親にあたるサクラバクシンオーは、ともに12月の中山でGIを圧勝した経験を持ち、血統面からもコースに対する高い適性を備えているはずだ。  加えて鞍上のC.ウィリアムズ騎手は「中山のマイルでは内が有利。この枠順はラッキーだと感じた」と語り、その通りに、3番枠スタートを最大限に活かした騎乗を見せる。  ダッシュよく飛び出し、外からハナを主張するハクサンムーンを行かせて好位の内3〜4番手で折り合うアルフレード。そのまま先行馬群のポケットで緩みのない流れを乗り切り、直線ではハクサンムーンの内にポッカリと空いた隙間を鋭い脚で突くと、先に抜け出していたトウケイヘイローを一瞬にして交わし去る。そのまま坂を駆け上がったアルフレードは、同じく内から伸びたマイネルロブスト、外から猛然と追い込むレオアクティブ、粘るトウケイヘイローらの2着争いを2馬身後方に見てゴールへ。レースレコード・タイとなる1分33秒4の好タイムをマークして2歳王者の座に就いたのだった。  これでマイル戦ばかり3連勝。今後も得意とするこの道を究めていくのか、それとも持ち前のレースセンスを活かして距離延長・クラシックロードへと進むのか。いずれにせよアルフレードが、来春の3歳戦線をリードしていくことは間違いないはずだ。

【第62回】2010年 12月19日(日) 5回中山6日

2010年第62回阪神ジュベナイルフィリーズ的中無料情報  レース動画を見る

着順 11 グランプリボス 5 リアルインパクト 2 リベルタス
的中馬券 3連単 67,910円 187番人気

大激戦から抜け出したグランプリボスが2歳王者に  朝日杯フューチュリティS(GI)の上位人気は、サダムパテック、リベルタス、リフトザウイングス、リアルインパクト、グランプリボスの順。実績、血統、鞍上といった各要素が注目されたこの5頭は、期待にたがわぬ大激戦を見せてくれた。  直線、逃げるオースミイージーを好位から交わしにかかったのは、父ディープインパクト×母は仏オークス馬カーリングという血を持つリベルタス。前週・2歳女王決定戦の阪神ジュベナイルフィリーズを制した福永祐一騎手が、2週連続のGI 勝利を目指す。内ラチ沿いに伸びてきたのは同じくディープインパクト産駒、京王杯2歳S2着のリアルインパクト。前日から日本で騎乗をスタートさせたばかりのフランシス・ベリー騎手が、そうとは思えぬコースロスのない競馬でいきなりのビッグタイトル奪取を狙う。  外からはクリストフ・スミヨン騎手に操られたサダムパテック。東京スポーツ杯2歳Sを鋭く差し切った末脚で、前に襲いかかる。さらに大外からは、東京スポーツ杯2歳S2着のリフトザウイングスがクリストフ・ルメール騎手とともに懸命の追い込み。  そして、力強く抜け出したのが京王杯2歳Sの勝ち馬グランプリボス。父サクラバクシンオーのスピード能力と、母の父サンデーサイレンスの決め手、その極上のミックスとして生み出された瞬発力で差し切り、鞍上ミルコ・デムーロ騎手はスタンドに向かって勝利をアピールしながらゴールへと飛び込んだ。  4コーナーでグランプリボスとサダムパテックの間にアドマイヤサガスが挟まれるシーンがあり、そのことを「申し訳ない」と語ったデムーロ騎手。だがグランプリボス自身も窮屈な位置に押しやられ、直線では前が壁になり、外へ持ち出さざるを得ないという厳しいレースを強いられた。それでも最後には勝利をつかんだことを称えるべきだろう。  ただ、1着から5着までの差はわずか。今季は「ハイレベルの3歳戦」で盛り上がったが、名手と素質馬によるこの白熱の追い比べを見ると、来季の3歳戦もまた楽しみにしてよさそうだ。

【第61回】2009年 12月20日(日) 5回中山6日

2009年第61回阪神ジュベナイルフィリーズ的中無料情報  レース動画を見る

着順 8 ローズキングダム 12 エイシンアポロン 2 ダイワバーバリアン
的中馬券 3連単 6,720円 10番人気

ローズキングダムがデビュー3連勝で2歳の頂点へ  2歳王者を目指す16頭が、朝日杯フューチュリティS(JpnI)のゲートに収まった。注目を集めたのは東京スポーツ杯2歳Sの1、2着馬であるローズキングダムとトーセンファントム、京王杯2歳Sを制したエイシンアポロン、前走のベゴニア賞で東京・芝1600mの2歳コースレコードを叩き出したキングレオポルドなど。中でもローズキングダムが、そのスケールの大きさと安定したレースぶりから1番人気に推されることとなった。  デビュー戦では素質馬ヴィクトワールピサを力でねじ伏せ、東京スポーツ杯2歳Sでもトーセンファントムの猛追を退けたローズキングダム。先行力、鞍上の指示に瞬時に反応できること、着実に伸びる末脚と、優れたレースセンスを身上とする馬だ。  そして鞍上・小牧太騎手が「これまでより一段と落ち着いている。これなら自信を持って乗れる」と感じた通り、ローズキングダムは堂々の走りを披露した。  レースはバトルシュリイマンの先導で進み、ダイワバーバリアン、ツルマルジュピター、ダッシャーゴーゴー、キングレオポルド、エイシンアポロンらが追走する展開。これら先行勢を見る中団で、ローズキングダムは手綱を引き締められている。 「手ごたえは抜群、いつでも先頭に立てる」  小牧騎手の感触そのままに、ローズキングダムは直線で弾けた。まずエイシンアポロンが先団から抜け出したが、その直後からスパート体勢に移ったローズキングダムも鮮やかに伸びる。前の各馬を瞬時に交わし、エイシンアポロンも差し切ってのゴールだ。  ローズキングダムは、祖母がロゼカラー、母はローズバド、おじローゼンクロイツなど、善戦しながらGIタイトルには届かなかった“薔薇一族”の出身。その見えない壁を突破するとともに、同世代の中で一歩抜け出した存在になったともいえる。 「日本ダービーまで、ひとつひとつ」  早くも来春の大目標が小牧騎手の口から出たように、将来に大きな期待を抱かせてくれる2歳王者の誕生である。

【第60回】2008年 12月21日(日) 5回中山6日

2008年第60回阪神ジュベナイルフィリーズ的中無料情報  レース動画を見る

着順 3 セイウンワンダー 11 フィフスペトル 5 ブレイクランアウト
的中馬券 3連複 2,580円 7番人気

内からの差し鮮やか! セイウンワンダーが2歳王者に輝く  2歳王者の座を懸けて16頭が争った朝日杯フューチュリティS(JpnI)。素質を高く評価されている外国産馬ブレイクランアウト、萩Sを逃げ切ってデビュー2連勝を飾ったミッキーパンプキン、デイリー杯2歳Sを制したシェーンヴァルトと同2着のホッコータキオン、函館2歳王者のフィフスペトルと、これを京王杯2歳Sで降したゲットフルマークス、8戦して着外なしの安定感を誇るエイシンタイガーなど、東西期待の若駒が無事にこの大舞台へ集結しました。  いえ、順調ではなかった馬が1頭。それが勝ち馬セイウンワンダーです。  仕上がりの早さに定評のあるJRA育成馬であり、4月のJRAブリーズアップセールで最高価格をつけたセイウンワンダーは大きな注目を集める存在でした。その走りは期待に背かず、デビュー戦こそツルマルジャパンの2着に敗れたものの、2戦目は6馬身差の圧勝、9月の新潟2歳Sでは豪快に直線一気を決めて1着と、レースのたびに評価を高めていたのでした。  しかし秋になって左前脚蹄球炎を患い、予定していたレースを使えず、今回は約3か月半ぶりの実戦。久々のせいかパドックではイレ込みも見られ、ファンや鞍上・岩田康誠騎手に少々の不安を与えていたのも事実です。  そんな不安を鮮やかに払拭する走り。中団の内、ガッチリと手綱を引かれての追走となったセイウンワンダーは、4コーナーで先行集団の直後まで押し上げると、直線では馬群をこじ開けるようにしてスパート。叩き合うブレイクランアウトとホッコータキオンを内から交わし去ると、外から差してきたフィフスペトルをアタマ差振り切ってのゴール。外ラチ沿いに追い込んだ新潟2歳Sとは対照的に、器用にインを突いての差し切りで2歳王者の座を手にしたのでした。  レースの巧さと素晴らしい瞬発力で頂点に立ったセイウンワンダー。その持ち味を3歳になっても発揮して、王者としての道を堂々と歩んでいってもらいたいものです。

【第59回】2007年 12月9日(日) 5回中山4日

2007年第59回阪神ジュベナイルフィリーズ的中無料情報  レース動画を見る

着順 1 ゴスホークケン 3 レッツゴーキリシマ 7 キャプテントゥーレ
的中馬券 馬連 8,290円 32番人気

好スタートで逃げ、直線でも突き放す脚! ゴスホークケンが2歳王者となる  朝日杯フューチュリティS(JpnI)の出走馬は、16頭中12頭が2勝馬、残り4頭のうち3頭に重賞2着があるというメンバー構成。中でも、ここまで3戦2勝、ダリア賞をコースレコードで勝利し、前走・東京スポーツ杯2歳Sでは鋭い差し脚で2着となったスズジュピターが単勝オッズ4.2倍、同じく3戦2勝、前走・京王杯2歳Sを力強く差し切って勝利したアポロドルチェが単勝オッズ4.3倍と人気を分け合いました。この両馬は仕掛けどころを待ち、中団で脚をためながら追走します。  その遥か前方、隊列の先頭で気持ちよくラップを刻んでいたのがゴスホークケンです。2戦1勝、出走メンバー16頭中で収得賞金額はもっとも低い400万円、抽選を潜り抜けてこの一戦のゲートに収まった馬です。しかし、1600mの持ちタイム(1分34秒9)はメンバー中ナンバーワン。前走・4着に敗れた東京スポーツ杯2歳Sでは1番人気に推されていたように、この馬もまた素質を高く買われており、ここでは単勝オッズ6.2倍の3番人気に支持されていました。  1番枠から好スタートを決めてハナを切ったゴスホークケンは、軽快なピッチを緩めることなく直線へと向かいます。3コーナー過ぎから後続がペースを上げ、一団となってゴスホークケンの背後に迫ってきましたが、そこからゴスホークケンも底力を発揮します。内から差を詰めようとするレッツゴーキリシマと外から食い下がるキャプテントゥーレを突き放し、最後は2馬身半の差をつけてのゴール。逃げた馬が、メンバー中最速(推定)となる上がり3ハロン35秒2の脚を使ったのですから、後ろが追いつける道理はありません。  「どこか1つが抜けているのではなく、全体的に素晴らしい馬」とは、ゴスホークケンに騎乗した勝浦正樹騎手の弁。なるほど、スタートがよく、道中もしっかりと折り合い、そして強烈なラストスパートと、スキのないレースぶり。勝ちタイムもコースレコードにコンマ1秒まで迫る1分33秒5と優秀で、完勝といえる内容での2歳王者誕生劇となりました。

【第58回】2006年 12月10日(日) 5回中山4日

2006年第58回阪神ジュベナイルフィリーズ的中無料情報  レース動画を見る

着順 3 ドリームジャーニー 9 ローレルゲレイロ 11 オースミダイドウ
的中馬券 馬連 3,750円 15番人気

圧巻の直線一気! ドリームジャーニーが2歳王者の称号をつかむ  朝日杯フューチュリティステークス(GI)の出走馬は15頭。その父の欄には多彩な名前が並びました。競走馬にとっては2歳王者を決める一戦ですが、と同時に、種牡馬にとっては“ポスト・サンデーサイレンス”の争いに名乗りをあげる舞台といえたかも知れません。  レースを制したのは、そのサンデーサイレンスの直系であるステイゴールドの産駒、ドリームジャーニーでした。  1番人気のオースミダイドウがレースを引っ張ります。前走・デイリー杯2歳Sを控える競馬で制していますが、初戦、2戦目と逃げ切っているようにスピードが最大の武器。デビューから3連勝中の勢いそのままにハナに立ち、先頭で直線へと向かいます。  これに外から並びかけ、残り300mで交わしたのが好位にいたローレルゲレイロ。函館2歳S、デイリー杯2歳Sと連続して2着に甘んじていますが、その雪辱を果たすべく早め先頭からの押し切り勝ちを狙いました。  そこへ飛んできたのがドリームジャーニーです。スタートでは行き脚がつかず、最後方からのレース。しかし鞍上・蛯名正義は「最後は伸びてくれる」と信じ、折り合いに専念していました。事実、新馬戦と芙蓉Sを鮮やかに差し切り、前走・東京スポーツ杯2歳Sも僅差の3着。常にメンバー中最速の上がり3ハロンをマーク(推定)している末脚の鋭さが自慢です。  4コーナーから馬群の外を少しずつ進出し、そして直線でスパートしたドリームジャーニーは、速くて鋭いステップを刻んでみるみる先行勢を交わし去ると、最後はローレルゲレイロを2分の1馬身差し切ってゴールへと達したのでした。  ドリームジャーニーを管理する池江泰寿調教師は重賞初制覇をGIで飾りました。ドリームジャーニーの血統は、父ステイゴールド、母の父メジロマックイーン。どちらも池江泰寿師の父・池江泰郎調教師のもとで育てられた馬であり、池江泰寿師にとっては間近で活躍を見守り続けてきた存在です。それだけに初GIの喜びもひとしおだったに違いありません。

プライバシーポリシー

フェブラリーS 高松宮記念 桜花賞 中山グランドジャンプ 皐月賞 天皇賞(春) NHKマイルC ヴィクトリアマイル オークス 日本ダービー 安田記念 宝塚記念 スプリンターズS 秋華賞 菊花賞 天皇賞(秋) エリザベス女王杯 マイルチャンピオンシップ ジャパンC ジャパンCダート 阪神ジュベナイルF 朝日杯フューチュリティS 中山大障害 有馬記念 競馬ランキング