朝日杯フューチュリティステークス

12月18日(日) 阪神競馬場 1600m (芝・外)定量 2歳オープン

誇り高き2歳チャンピオンの座を賭けて

歴史

欧米ではクラシックレース体系の確立に伴い、1786年にイギリスのニューマーケットを皮切りに2歳馬競馬が開催されたのに対し、我が国では1946年秋の東京競馬場で初めて3歳(現2歳)馬競走が行われた。その後、各地の競馬場でも3歳(現2歳)馬競走が行われるようになり、1949年には関東地区における3歳(現2歳)馬のチャンピオン決定戦として『朝日杯3歳ステークス』が創設され、2013年まで中山競馬場を舞台に行われていた。距離については、創設時の芝1100mから1959年に芝1200mに延長され、1962年以降は現行の芝1600mに定着している。なお、2014年に本競走は競走内容のより一層の充実を図る観点から、開催場を阪神競馬場へ変更された。
本競走は、来春のクラシックレースへの登竜門として重要な位置付けがなされているが、過去10年の優勝馬からは、2006年のドリームジャーニー(2009年宝塚記念・有馬記念)、2009年のローズキングダム(2010年ジャパンカップ)、2010年のグランプリボス(2011年NHKマイルC)、そして2012年のロゴタイプ(2013年皐月賞)など、様々なカテゴリーにおける活躍馬が出ている。
競走名の『フューチュリティ(Futurity)』とは、「未来」「将来」を意味する英語。

朝日杯フューチュリティステークス(GI)最新情報

100%自信の無料三連複情報

毎年恒例!3連単情報は提供できませんが、3連複情報なら先着500名様に無料提供しちゃいます。

コースの特徴

阪神競馬場 1600m (芝・外)

スタート後、外回りコースに入ってから3コーナー手前まで上り。4コーナーから緩やかな下りで、直線に向いてからも半ば(残り190m付近)まで下っていく。直線距離は473.6m(Aコース使用時)。ゴール前に急な上り(高低差1.8m)がある。前半に負荷がかかりやすい構造で、道中は脚をため、直線でスピードを発揮する馬が基本的に有利。ただし、極端にスローなペースになれば逃げ馬が有利となる。開催前半で芝の状態が良好なときは、インを回る能力や先行力が重要になりやすい。

1年に1度の特別配信

チャンピオン決定戦の阪神3歳ステークスが2歳(旧3歳) 牝馬限定戦の阪神3歳牝馬ステークス (現在の阪神ジュベナイルフィリーズ)に変更されるのに合わせて 出走条件を2歳(旧3歳)牡馬・?馬に変更され、 2歳牡馬チャンプ決定戦の位置付けとして施行されるようになった。 GI昇格後から10年間はメリーナイス、サクラチヨノオー、 アイネスフウジン、ミホノブルボン、ナリタブライアンと 5頭の東京優駿優勝馬を輩出した為、「クラシックへの登龍門」とも言われています。 このレースは有馬記念と同じ開催で行われることになっているため、 これまで中山競馬場以外で開催されたことは一度もありません。 なお武豊はこの競走で3度2着を記録しているものの、 JRAGIの中でこの競走とマイルチャンピオンシップは未勝利です(2010年現在)。 出走条件はサラ系2歳(旧3歳)のJRA所属の牡馬・牝馬の競走馬及び」 JRAに認定された地方所属の競走馬(5頭まで)。 負担重量は馬齢で牡馬は55kg、牝馬は54kg。 2011年度現在の総額賞金は1億3400万円で1着賞金7000万円、2着賞金2800万円、 3着賞金1800万円、4着賞金1100万円、5着賞金700万円と定められています。



ページトップへ戻る